技能実習生の農作業 [和歌山県]

技能実習生3名を受け入れられている和歌山県の農家さんにお伺いしてきました。

(外国人技能実習制度をご存知でない方は以下JITCOのHPをご参照下さい。)

JITCO – 外国人技能実習制度のあらまし

*技能実習生では、実習生監査のため定期的に訪問し,企業様と実習生の間で何かトラブルがないか、

また、困ったことがないか、最近どんなことがあったかなどお話します。

実習生が困っていることに対して相談に乗ったり、寮を掃除しているかなど、

仕事のことだけでなく生活面においてもできるだけ確認します。


IMG_3449

 

昨年の9月に配属させて頂いて、まだ4ヶ月ほどしか経っていませんが、

もともとベトナム人の方は手先が器用ということもあり、

以前より農作業のスピードが格段に早くなっていて驚きました!

なにより受け入れられている企業様から、

「ほんとに仕事は丁寧で助かってます」「こんなにみんなとすぐに馴染んでくれると思ってなかった」

など、ご紹介させて頂いた私たちとしてはなにより有難い言葉でした。

実習生のみんなも、

「会社の人と魚釣りに行きました」「社長に金閣寺へ連れて行ってもらいました」

など、日本の生活をとても楽しんでいるようで、一安心しました。

また、新たに3名の実習生受け入れをお考えです。


 

*実習生の場合、受け入れ企業様の常勤職員数により受け入れ可能な人数が変わります。

50名以下の企業様の場合、最大で年間3名のご採用が可能です。

実習生の期間は3年間ですので、1年ごとに採用をした場合、最大9名体制での受け入れが可能です。

(詳しくは以下、JITCOのHPをご参照下さい。)

JITCO – 外国人技能実習制度の仕組み


 

安定的な人材雇用の創出や社内の人材活性をご検討の企業様は

わからない点やご相談でも結構ですので、是非ご連絡頂ければと思います。