技能実習生(塗装)の面接[ベトナム・ホーチミン]

技能実習生の面接のため、塗装作業を行われています企業様にホーチミンへお越し頂きました。

 

*訪ベトナムについて


*弊社では、ベトナム人エンジニアのご採用にあたり、

彼らが育ってきた国の文化や習慣を深くご理解いただくためにも、

お客様にはできる限り現地(ホーチミン)へお越しいただき、

面接を行っていただくようにお願いしております。

例えば、技能実習生2名ご採用の場合であればベトナムで約6名〜8名の候補者を募ります。


 

今回は2名の実習生受け入れとのことなので、

8名の技能実習生候補者に集まっていただき、面接を行いました。

面接では、候補者に対して、

「なぜ技能実習生として日本で学びたいのか」であったり、

「塗装の経験」や、「将来の夢」などを質問しながら、受け入れを行う人材を決定します。

実習生のなかには、「家族の生活を支えるために、日本で技術を学び、その経験を生かしたい。」

であったり、「将来は家族のために家を建てたい。」など、家族想いな人間性や考え方に触れることができました。

 

受け入れをお考えのお客様からも、

「ここまで真面目で熱心な眼差しは今の日本の若者にはないね。」

と喜んでいただき、悩んだ末に2名のご採用が決定しました。

S__3973211

*ご採用決定後の流れ


採用が決定した2名は、入国管理局に対しての申請期間中(約2ヶ月〜3ヶ月)、

これから日本語学校で更に勉強を行い、塗装の技術も勉強します。

その後、ご配属前に1ヶ月日本で日本語教育や日本のマナー教育を受けてご配属となります。


彼らが日本にきてよかったと思ってもらえるよう、

また、受け入れ企業様が受け入れてよかったと思ってもらえるよう、

これからも日本とベトナムを繋ぐ架け橋となるべく頑張ります!