外国人ベトナム人技術者について

外国人技術者について

昨今、日本は高齢化に伴い、深刻な労働力不足に陥ろうとしています。
この様な状況下に於いて、国籍を問わず今こそ優秀な若者の力を借りなければ、日本社会は今後立ち行かなくなるでしょう。
日本政府も経済の活性化。より一層の国際化の観点から、外国人の受け入れを積極的に推進しています。
そこでわたしたちはベトナム人の優秀な人財と日本の企業様との架け橋となり、国境を越えた人財交流による日本再生と国際貢献を目指しています。

ベトナム人・技術者 3つの特徴

地頭の良さ

ベトナムの難関大学出身。ベトナムはアジア・太平洋ロボットコンテスト優勝回数最多の国でもあります。特に技術系の大学を卒業したベトナム人の基礎学力は非常に高い水準です。

即戦力

AutoCAD、マシニング(NG旋盤・NCフライス)など、実践的な技術を学んでいるエンジニア。

人間性

忍耐強く、手先がとても器用です。また親日感情が高く、日本人の感覚に非常に近い 文化を持っています。

ベトナム人・技術者 3つのメリット

安全雇用

安定的に優秀な人材の確保が可能です。技能実習生と違い、採用人数の制限がありません。

企業活性

ベトナムの方々の人柄や勤勉さにより、更なる職場の活性化に繋がります。

人材育成

技能実習生と違い、受け入れ期限は無制限です。長期的な雇用と人材育成が可能です。

【対象職種】

CAD・設計技術者 Auto CAD
金型設計
建築設計
IT技術者 アプリケーション開発(オープン・WEB)
ネットワーク・サーバ運用・保守
アプリケーション開発(汎用)
通信インフラ設計・構築
アプリケーション開発(制御・組み込み)
社内SE
パッケージソフト・OS開発
サポート、ヘルプデスク
ネットワーク・サーバ設計・構築
機械技術者 半導体設計 生産技術
プロセス開発
回路設計
システム設計
品質・生産管理(電気、電子、機械、半導体)
制御設計(電子機器、精密機器)
FAE
制御設計(自動車、各種機械)
サービスエンジニア、整備士
機械・機構設計(電子機器、精密機器)
製造スタッフ、技能工(電気、電子、機械、半導体)
機械・機構設計(自動車、各種機械)
その他、電気・電子・機械・半導体技術関連職
筐体設計、金型設計

※採用対象・・・機械設計/製造学部・工学部・電気/電子学部の大学・大学院を卒業した者



外国人技術者受入れのまでの流れ


受け入れの流れ ベトナム日本

技術者と実習生の違い

技術者 技能実習生
学歴 大学卒業 高校卒業
VISA 就労VISA 技能実習VISA
業種 技術者としての業務 JITCO認定職種のみ
受入可能人数 制限なし 制限あり(従業員50人以下は3人迄)
受入可能期間 特に決まりない 最大3年
受入までの期間 申告後、約2ヶ月程度 申告後、5ヶ月程度